\ 今だけポイント最大10倍! /

ランタンスタンドは必要?おすすめの打ち込み式を3つまで厳選!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • キャンプにランタンスタンドって必要?
  • ランタンスタンドのメリットが知りたい。
  • おしゃれなランタンスタンドも知りたい。

このような疑問にお答えします。

この記事で分かること
  • ランタンスタンドは必要なのか?
  • ランタンスタンドのメリット
  • インスタ映えするおしゃれなランタンスタンド

ランタンスタンドが無くてもキャンプはできます。「じゃあ、必要ないじゃん?」と思う人も多いはず。

僕もキャンプを始めた頃はランタンスタンドを持っていなかったので、ランタンスタンドがあるキャンプと、ないキャンプをどちらも経験しています。

その経験を踏まえて、ランタンスタンドが必要かどうかと聞かれたら、「必要」と即答します。それほどまでに、メリットが大きいです。

本記事では、ランタンスタンドのメリットからおすすめのランタンスタンドまで深掘りして解説していきます。

ランタンスタンドが必要かどうか迷っている人は必見です。

Contents

ランタンスタンドは必要?

ランタンスタンドがなくてもキャンプはできますが、ある方が絶対に良いです。

なぜなら、メリットが多いからです。ランタンスタンドを設置するメリットは以下の4つです。

ランタンスタンドを設置するメリット
  1. サイト全体を照らせる
  2. 虫対策ができる
  3. サイトがおしゃれになる
  4. 小さい子どもがランタンを落とさない

1つずつ解説していきます。

メリット①:サイト全体を明るく照らせる

ランタンスタンドがあると高い位置にランタンを設置できるので、サイト全体を明るく照らせます。

また宙に浮かせることで、足元の明かりも確保できるのも利点です。

サイト全体に灯りが届くと足元が見えるので安全面の向上にもつながりますし、快適度も上がります。

おぴ

暗いのって思ったより不自由です。

したがってランタンスタンドに設置するランタンは、光量が多いタイプのメインランタンがおすすめです。

※メインランタンおすすめ記事が完成したらリンク貼ります

メリット②:虫対策ができる

ランタンスタンドにメインランタンを設置することで、虫対策にもなります。

なぜならランタンスタンドがあると自由にランタンを設置する場所が決めれるので、テントから少し離れた場所にメインランタンを設置できるからです。

虫は光の強いほうへ寄って行く習性があるので、メインランタンの方へ虫が寄って行き、リビングスペースでの食事が快適に行えます。

虫がいると気になってストレスになるので、まだアウトドアに慣れていない初心者の人ほどメインランタンを離して設置する虫対策はおすすめです。

メリット③:サイトがおしゃれになる

キャンプサイト おしゃれ

ランタンハンガーにランタンを吊るすと、サイト全体の雰囲気がとても良くなりおしゃれになります。

インスタとかで「おしゃれだなぁ~」と思うサイトには、必ずと言っていいほどランタンスタンドがあります。

僕の経験でも、ランタンスタンドにランタンを吊るすだけでサイトが一気におしゃれに感じた経験があります。

なのでとにかくサイトをおしゃれにしたい人は、ランタンスタンドの設置を検討してみてください。

メリット④:小さい子どもがランタンを落とさない

ランタンハンガーは高さがあるので、小さい子どもがランタンを触って落とす心配がなくなります。

逆に棚やテーブルにランタンを置くと子どもが触る危険があるので、常に気にしてないといけません。

なので小さい子どもがいるファミリーキャンプでは、とても重宝します。

ランタンを全てLEDタンタンにすればいい話かもしれませんが、ケロシンランタンやガソリンランタンに憧れてしまうものです。

燃料系のランタンを使う場合は、ランタンハンガーも準備しておしゃれで安全にキャンプを楽しみましょう。

ランタンスタンドのおすすめは打ち込み式

ランタンスタンドは大きく分けて2種類あります。

ランタンスタンドの種類
  • 三脚式
  • 打ち込み式

それぞれ解説していきます。

三脚式

ランタンスタンド Coleman
出典:Coleman公式サイト

3本脚で地面に置いて使用するタイプのものです。

三脚式ランタンハンガー
メリット
  • 設置が簡単
  • 簡単に場所を変えられる
デメリット
  • 傾斜には設置できない
  • つまずきやすく倒れる危険がある

簡単でお手軽に設置できるという利点がある一方で、傾斜では設置できないので置く場所を選びます。

また地面に置いているだけなので、子どもが触ったりすると倒れてしまう危険もあります。

倒れるとランタンも壊れてしまいますし安全面でも不安なので、三脚式のランタンスタンドはおすすめしません。

おぴ

見た目もあまり好きじゃない。。

打ち込み式

杭のように打ち込むタイプのランタンスタンドです。

打ち込み式ランタンスタンド
メリット
  • 子どもが当たっても倒れない
  • 傾斜でも設置できる
  • 見た目がおしゃれなものが多い
デメリット
  • 地面が硬い所では設置できない
  • 簡単に設置場所を変えられない

何と言っても見た目がおしゃれ。スタイリッシュでかっこいいランタンスタンドは、ほとんどが打ち込み式です。

地面がデコボコしてたり傾斜であっても設置できますし、子どもが当たったくらいでは倒れません。

ただし、地面がコンクリートだったりすると設置できませんが、そもそもキャンプ場で地面がコンクリートってあまりないです。

したがってランタンスタンドを購入するなら、小さい子どもがいても安全で、見た目もおしゃれな打ち込み式ランタンスタンドがおすすめ。

おすすめの打ち込み式ランタンスタンド厳選3選!

それではおすすめの打ち込み式ランタンスタンドを、3つ紹介していきます。

Nagae Factory【煌星】

僕が愛用しているランタンスタンドです。

項目詳細
メーカーNagae Factory
サイズハンガー上部 900mm
ハンガー下部 1000mm
設置サイズ約300mm打ち込むと1600mm程になります
材質ハンガー上部 丸鋼12mm
プレート   平鋼4.5mm×32mm
ハンガー下部 丸鋼16mm
価格(税込)¥13,000

インスタやネットを探しまくった結果、1番かっこいいと思ったのが、Nagae Factoryの【煌星】です。

かっこいいサイトにはピッタリのランタンハンガーだと思います。

インスタを見てもまだ使用している人も少ないので、「人とかぶりたくない」という人にもおすすめです。

購入方法は、Nagae Factory公式サイトから購入できます。

SOLD OUTの状況が続いてますが定期的に予約販売されるので、購入したい人はNagae Factoryのインスタグラムをフォローして情報を得られるようにしておきましょう。

>>Nagae Factoryのインスタグラムはこちら

山賊マウンテン【shock】

山賊マウンテン shock
出典:sanzoku mountain公式サイト

知る人ぞ知る大人気のガレージブランド「山賊マウンテン」のランタンハンガーです。

項目詳細
メーカーsanzoku mountain
サイズハンガー上部 835mm
ハンガー下部 1000mm
設置サイズ約300mm打ち込むと1500mm程になります
材質鉄材(黒皮仕様・無塗装)
価格(税込)shockセット ¥18,000
shockワイドセット ¥18,800

インスタを見てても1番よく見かけるのが、山賊マウンテンの【shock】です。

使用率が多いと言うよりかは、インスタに投稿するようなおしゃれなキャンプサイトを目指す人から支持されています。

キャンプ界隈では、「無骨」といったスタイルに注目が集まっており、その代表的なギアになるのが山賊マウンテンのshockです。

おぴ

確かにshockがあるだけで、野営の雰囲気が漂います。

shockはノーマルVer.の他にワイドVer.もあります。ペトロマックスHK500のリフレクター装着にも対応したのがワイドVer.になります。

購入方法は、山賊マウンテン公式サイトから購入するか、販売代理店で購入可能です。

取り扱っているキャンプショップも多いので、割と簡単に購入できると思います。

先ほど紹介したNagae Factoryの【煌星】と山賊マウンテンの【shock】には、収納ケースが付属していません。この2つにピッタリの収納ケースは下記の記事で紹介しています。

ゼインアーツ ZANEARTS【オズハンガー】

ZANEARTS オズハンガー
出典:ZANEARTS公式サイト

アウトドアブランドとして大人気の「ZANEARTS」のランタンハンガーです。

項目詳細
メーカーZANEARTS
サイズ使用サイズ(high) 2000mm
収納サイズ 880mm
設置サイズ(high)約300mm打ち込むと1700mm程になります
材質フック : ステンレス
ポール・ホルダー : アルミ
打込棒 : スチール
価格(税込)¥7,678

ゼインアーツと言ったらテントが有名ですが、様々なギアが販売されておりどれも超人気です。

「オズハンガー」はとてもシンプルなデザインなので、どのようなサイトでもマッチします。

加えて上記で紹介した2つより、価格もリーズナブルで材質もほとんどがアルミで軽量なので扱いやすいランタンハンガーです。

ウッドや白でまとめたナチュラルなサイトとは、特に相性が良いと思います。

購入方法は、現状ゼインアーツ直販のECサイトがないため、販売代理店のみの販売となっています。

ゼインアーツ取扱店舗一覧は、下記で確認してください。

ランタンスタンドを自作してオリジナリティを!

ここまでおすすめのランタンスタンドを紹介してきましたが、ランタンスタンドは自作も可能です。

ランタンスタンドを自作するメリット・デメリット
メリット
  • 自分だけのオリジナルギアを作れる
  • 材料費が安い
  • クオリティーが高いと売れる
デメリット
  • 手間がかかる
  • 道具を揃えるのに初期費用がかかる

とにかく他の人と被りたくないという人は、自作をおすすめします。

自作のやり方は、ググればたくさん出てきますしYouTubeでも上がっているので、初心者であっても自作可能です。

ただし、道具を揃えるのに初期費用がかかるため、自作だから安くできるかと言ったら微妙なところだと思います。

なので「自分だけのギアが欲しい」と熱い信念を持っている人は挑戦してみてください。

おぴ

ギアを自作できる人ってかっこいいですし、尊敬します。

まとめ:ランタンスタンドでサイトの雰囲気をおしゃれにしよう!

今回はランタンスタンドの必要性について紹介しました。

ランタンスタンドを設置するメリット
  1. サイト全体を照らせる
  2. 虫対策ができる
  3. サイトがおしゃれになる
  4. 小さい子どもがランタンを落とさない

キャンプに必須の道具ではないものの、あると便利だしキャンプの雰囲気を上げてくれます。

おぴ

必須ではないけれど、買って良かったものベスト3には入ります。

一からキャンプを始める人は出費が多く後回しにしがちなギアですが、早めの購入を検討してみてください。

ランタンスタンドにランタン吊るすだけで、思ったよりサイトの雰囲気が良くなりますよ。

今回は以上です。それではまたっ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問はこちらへ

コメントする

Contents