オイルランタンは「デイツ78」が最高にかっこいい!7つの魅力や使い方を徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
デイツランタン78
Amazonプライムデー

Amazonプライムデーの先行セール開催中!

期間中(7/11 (木) 0時~7/15 (月) 23時59分)人気のデバイス、キャンプ用品がセール価格でお得に!

\ 年に1度のビッグセールでお得にゲット/

キャンプに癒しの灯りをともしてくれる「デイツ78」。

キャンパーからも大人気で、初心者からベテランキャンパーまで幅広く愛用されています。

そんなデイツ78ランタンですが、

  • デイツ78の人気の理由は?
  • 買って後悔することはない?
  • 一緒に購入するべきアイテムはある?

と感じている人も多いはず。

そこで本記事では、デイツ78の魅力からデメリット、一緒に持っておくと便利なアイテムまで徹底解説します。

キャンプサイトをおしゃれにして雰囲気抜群なキャンプを楽しみたい方は必見です。

blankおぴ

筆者は様々なランタンを試し、デイツ78+小型LEDランタンにいきつきました。

Contents

デイツのハリケーンランタンとは?

blank
出典:DIETZ JAPAN

1840年、ニューヨーク州ブルックリンに照明器具メーカーとして誕生したデイツ社。ハリケーンランタンという名で知られるオイルランタンを製造しています。

ハリケーンランタンとは、嵐のような強い風でも消えないという特徴が名前の由来となっており、まさにアウトドアでの使用にぴったりなランタンです。

blankおぴ

デイツのハリケーンランタンはアウトドアでの使用に最適!

デイツ78の基本情報

デイツ78ランタン 基本情報

デイツのランタンは、見た目や使い勝手の良さからキャンプで大人気のオイルランタン

ここでは、デイツハリケーンランタンの中でも最も人気のある「デイツ78」のスペックとディテールについて分かりやすく解説していきす。

blankおぴ

デイツハリケーンランタンには9つのモデルがありますが、78が圧倒的に人気です。

デイツ78のスペック

商品名デイツ #78
高さ約26.5cm
最大幅約15cm
重量約470g
タンク容量約340cc
明るさ約7CP
燃焼時間約20時間
燃料灯油・パラフィンオイル
参考価格3,380円(税込)

価格はランタンのカラーやショップによって異なります。

最も人気のあるデイツ78ランタンは、大きすぎることなくキャンプに最適なランタン

燃焼時間は約20時間あり、早めに点灯しても余裕で次の日までもちます。

燃料は灯油かパラフィンオイルで、ランニングコストもさほどかかりません

blankおぴ

キャンプで使い勝手が良いランタンです。

デイツ78のディテール

購入時は、箱に収納されています。

デイツ78ランタン 箱

箱から取り出すと袋に包まれていて、しっかり保護してあります。

デイツ78ランタン 袋に包まれている

中には説明書も付属されているので、初めての方でも安心して使用可能。

デイツ78ランタン 説明書

燃焼部分の芯は最初からセットされています。

デイツ78ランタン 芯

見た目がアンティークでキャンプ映えするランタンです。

デイツ78ランタン アンティークなデザイン
blankおぴ

デザイン、使い勝手、コスパの三拍子揃ったランタンです。

デイツ78がキャンプでおすすめの理由7選!

デイツ78ランタン 魅力

キャンプのランタンとしてデイツ78をおすすめする理由は下記の7つ。

  1. 見た目が良い
  2. キャンプサイトに雰囲気が出る
  3. ランタンの炎に癒される
  4. 初心者でも簡単に使える
  5. ホヤをカスタムできる
  6. 価格が安め
  7. 複数あると雰囲気がさらに高まる

1つずつ解説していきます。

①見た目が良い

デイツ78ランタン 見た目が良い

デイツ78のクラシックなデザインは、どこか懐かしさを感じさせつつも現代的な美しさを持ち合わせています。

また、カラー展開も豊富で好みに合わせて選ぶことが可能。

blankおぴ

スタイリッシュな外観は、キャンプサイトでも映えること間違いなし。

②キャンプサイトに雰囲気が出る

デイツ78ランタン キャンプサイトの雰囲気

デイツ78のランタンは、キャンプサイトに特別な雰囲気をもたらします。

柔らかな炎の明かりがリラックスした空間を演出してくれ、より一層キャンプを楽しめるでしょう。

blankおぴ

LEDランタンにはない雰囲気を味わえます。

③ランタンの炎に癒される

デイツ78ランタン 炎

炎の揺らぎは見る人の心を癒しリラックスさせる効果があります。

デイツ78のランタンは、その自然な炎でアウトドアの夜を特別なものにしてくれます。

詳しくは「1/fゆらぎ」という効果で、下記の記事で分かりやすく解説しています。

blankおぴ

日常にはない癒しの空間を提供してくれます。

④初心者でも簡単に使える

デイツ78は、扱いが非常に簡単です。

燃料を注いで芯に火をつけるだけですぐに使用できます。

ケロシンランタンとは違いメンテナンスも簡単なので、初心者からベテランまで全キャンパーにおすすめしたいランタンです。

blankおぴ

扱いが簡単なので使用しているキャンパーさんも多いです。

⑤ホヤをカスタムできる

デイツ78ランタン ホヤカスタム

デイツ78の最大の魅力は、ホヤ(ガラスシェード)をカスタムできること。

ホヤを変えるだけで別物と言っていいほどおしゃれになります。

大人気のクラッシュアイスというホヤは、「フュアハンド276、デイツ76、デイツ78」専用なので、デイツ78を選んでおくと後悔しないかも。

他にもさまざまなデザインのホヤを選ぶことで、自分だけのランタンに仕上げることが可能です。

※デイツ78におすすめホヤの記事は作成中

⑥価格が安め

何かと価格が高いと感じるキャンプ用品ですが、デイツ78は比較的手頃な価格で入手できます。

カラーにもよりますが、5,000円前後といったところ。

今回紹介しているようにデイツ78には様々な魅力があり、コストパフォーマンスに優れているため、多くのキャンパーに愛用されているのも納得。

blankおぴ

価格が安いのも選ばれる理由。

⑦複数あると雰囲気がさらに高まる

デイツ78ランタン 複数あると雰囲気抜群

デイツ78を複数設置することで、キャンプサイト全体の雰囲気がさらに高まります

実際に僕もデイツ78を3つ使用していますが、1つのときより雰囲気抜群になりました。

LEDランタンのほうが使い勝手は良いですが、デイツは必ず持って行くランタンです。

blankおぴ

キャンプにデイツ78は外せないです。

デイツ78のデメリットは4つ

デイツ78ランタン デメリット

キャンプの灯りにおすすめのデイツ78ランタンですが、もちろんデメリットも存在します。

そんなデイツ78のデメリットは下記の4つ。

  1. 明るくはない
  2. 火傷の恐れがある
  3. 燃料の漏れに注意が必要
  4. メンテナンスが必要

①明るくはない

デイツ78ランタン 明るくない

デイツ78は、明るさが約7キャンドルパワーと決して明るくないです。

キャンプのメインランタンとして人気のあるColemanのノーススターは、明るさ約320キャンドルパワーです。

デイツ78は照明というよりは、雰囲気作りに重きを置いたランタンなので、明るさには注意が必要。

他にメインランタンを用意したり、LEDランタンと組み合わせたりして、灯りを確保するようにしましょう。

blankおぴ

僕はデイツ78と小型のLEDランタンを組み合わせて
キャンプすることが多いです。

小型のLEDランタンはゴールゼロだったり、ゴールゼロ類似品がおすすめ。

②火傷の恐れがある

デイツ78は炎を灯すランタンなので、火傷をする恐れがあります。

特に炎の上部に位置する「トップフード」はかなり高温になるので、使用中は絶対に触らないように注意が必要。

デイツ78ランタン トップフード

小さいお子さんがいる人はランタンスタンドなどに吊るすなどして、安全に配慮してキャンプしましょう。

blankおぴ

子どもが小さいうちは、持って行かないが最善策。

③燃料の漏れに注意が必要

デイツに限らずオイルランタンは燃料の漏れに注意が必要です。

例えば、燃料をタンクに入れたまま傾けたり燃料を入れっぱなしにしておくと燃料が漏れることがあります。

したがって、

  • 燃料を入れたら傾けない
  • 保管時は燃料タンクを空にする

を心がけましょう。

上記2点を守っていればまず漏れることはありません。

④メンテナンスが必要

オイルランタンは定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスする箇所は「ホヤ」と「芯」の2ヶ所。

ホヤは使用しているとススなどで汚れるので、取り外して拭き取ってください。

デイツ78ランタン ホヤ取り外し

また、燃焼部分の芯も消耗品なので、短くなってきたら交換しましょう。

デイツ78の使い方

デイツ78ランタン 使い方

デイツ78の使い方は非常にシンプル。

blankおぴ

初心者でも簡単に扱えるので安心してください。

STEP
タンクに燃料を入れる

まず燃料タンクキャップを開けて、燃料を補充します。

デイツ78ランタン 燃料を入れる

デイツ78のタンク容量は約340ccです。入れすぎないように注意。

燃料は灯油かパラフィンオイルを使用してください。

デイツ78ランタン パラフィンオイル
STEP
着火

ホヤ開閉レバーを押し下げるとホヤが持ち上がり、芯に着火するスペースができます。

デイツ78ランタン ホヤ開閉レバー

この隙間からマッチやライターを使って着火します。

デイツ78ランタン 着火

着火にはスライドガストーチがあるとやり易くて便利です。1個あると何かと重宝するので、持ってない方は購入をおすすめします。

STEP
灯りを調節する

芯に炎を灯したら、ホヤ開閉レバーを元に戻して芯調整ツマミで炎の大きさを調節します。

デイツ78ランタン 炎の大きさ
STEP
消灯

芯調整ツマミで芯を引っ込めると炎が消えます。

デイツ78ランタン 消灯

使い方はとても簡単なので、キャンプ初心者の方にもおすすめのランタンですよ。

デイツ78の燃料と燃料ボトル

デイツ78ランタン 燃料と燃料ボトル

デイツに灯りをともすには燃料が必須。

そこで長年デイツランタンを愛用している僕がおすすめの燃料と燃料ボトルを紹介します。

使うとき以外は燃料タンクを空にしておかないと漏れる可能性があるので、燃料ボトルも必要になります。

燃料

デイツ78ランタン 燃料

燃料として使えるのは灯油かパラフィンオイルですが、僕のおすすめはパラフィンオイル

灯油だと価格は安いですがススが出るのでホヤの掃除が大変になりますし、灯油は臭いもキツイです。

また、パラフィンオイルは不揮発性で引火点が95℃以上と高いので安全性にも優れています。

したがって、僕の経験上パラフィンオイルのほうが手間いらずでキャンプを楽しめます

blankおぴ

コスパが高くて僕も愛用しているパラフィンオイル。

燃料ボトル

デイツ78ランタン 燃料ボトル

燃料ボトルは使い勝手が抜群のトランギア フューエルボトルがおすすめ

最大の特徴は、漏斗いらずで燃料を注げることです。

フューエルボトルデイツ78ランタン トランギアフューエルボトル

非常に使いやすい燃料ボトルなので、多くのキャンパーから愛用されています。

※トランギアフューエルボトルのレビュー記事は作成中

デイツ78におすすめの収納ケース

デイツ78ランタン 収納ケース

デイツ78ランタンを安全に持ち運ぶためにも、収納ケースは準備することをおすすめします。

特にホヤを希少なものにカスタムしている人は割れてしまう可能性があるため、必ず収納ケースに入れて保護しましょう。

おすすめは、CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ランタンケース Mサイズ

シンデレラフィットして中で動くこともありませんし、緩衝材も分厚くて安心して持ち運びできます。

デイツ78ランタン 収納ケース シンデレラフィット
blankおぴ

価格も安くコスパ最強の収納ケースです。

デイツ78とデイツ76の違い

blank
出典:DIETZ JAPAN

デイツ78とよく似たランタンとしてデイツ76というモデルが存在します。

よく似ているだけに購入時迷ってしまう可能性があるので、2つの違いについて紹介します。

デイツ78とデイツ76の違いは以下の2点。

  • タンク容量
  • ランタンのサイズ
商品名デイツ #78デイツ #76
高さ約26.5cm24.5cm
最大幅約15cm約15cm
重量約470g440
タンク容量約340cc240cc
明るさ約7CP約7CP
燃焼時間約20時間11時間

主な違いはタンク容量

デイツ78のほうが約100cc大きいため、燃焼時間も比例して長くなります。

高さや重量も多少違うのですが、誤差と言った範囲です。

ホヤのサイズは同じなので、78用のカスタムホヤであれば76にも装着できます。

blankおぴ

このように大きな違いはないのですが、日本では78が圧倒的に人気。

まとめ:デイツ78は雰囲気抜群のおしゃれランタン!

デイツ78ランタン 雰囲気抜群

今回は、デイツ78ランタンについて紹介しました。

デイツ78はキャンプサイトをおしゃれにしてくれる超おすすめのランタンです。

初心者でも使いやすいですし、メンテナンスのしやすさも魅力的。

デイツ78を使ってキャンプサイトに特別な雰囲気をもたらしましょう。

一緒に買うべきおすすめアイテム

デイツランタン78

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問はこちらへ

コメントする

Contents