\ 最大8%ポイントアップ! /詳細を見る

キャンプにランタンはいくつ必要?配置する場所と明るさの目安も紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

キャンプにランタンは欠かせないアイテム。

しかしキャンプの経験が少ないと、

  • ランタンの必要個数がわからない。
  • ランタンを配置する場所は?
  • どれくらいの明るさのランタンが必要?

と疑問に思う人も多いはず。

そこで本記事では、ランタンの必要個数について深掘りして解説していきます。

また、ランタンを配置する場所によって必要な明るさも変わるので、配置場所と明るさの目安も解説していきます。

ランタンの配置や選び方で悩んでいる方は必見です。最後までチェックして、快適で明るいキャンプライフを手に入れましょう!

Contents

キャンプに必要なランタンはいくつ?明るさの目安も紹介

キャンプ ランタン 必要個数

キャンプに必要なランタンの個数は、キャンプに行く人数によって変わります。

またランタンには様々な種類があり明るさもバラバラです。

なので、ランタンの必要個数も大切ですが、種類や明るさについても知っておくとより最適なランタン選びができます。

キャンプの人数に合わせたランタンの必要個数

キャンプの人数や場所に合わせて、キャンプに必要なランタンの個数は異なります。

人数別でのキャンプに必要なランタンの個数は以下の通り。

キャンプの人数必要なランタンの個数
1人2個
2人~3人3個
4人~6人4個

こちらは最低限必要だと感じるランタンの数で、人数が増えたりテントが大きくなるとより多くのランタンが必要になります。

また、小さいお子さんがいる場合は暗いとつまずいたりして危険なので、ランタンを増やして明るくしてあげると安心です。

キャンプで使用するランタンの種類

キャンプで使用するランタンには、以下の4種類があります。

ランタンの種類
  • LEDランタン
  • ガスランタン
  • オイルランタン
  • ガソリンランタン

ランタンの種類によって、ランニングコスト、明るさ、携帯性、使いやすさに違いがあるため、キャンプスタイルや好みによって自分に合ったランタンを選びましょう。

ランタンの種類について下記の記事で分かりやすく解説しているので、是非チェックしてみて下さい。

ランタンの明るさの単位「ルーメン」とは?

ランタンの明るさを測る単位に「ルーメン」というものがあります。

ルーメン数が多いほど明るくなり、目安として100ルーメン程度でテント内を照らすことができます。

ただし、ランタンの明るさは、使用する場所や状況によって異なるため、必要な明るさを考慮してランタンを選ぶ必要があります。

ランタンを選ぶ際のポイント3つ

キャンプランタン 選び方

キャンプ用ランタンを選ぶ際のポイントは3つあります。

キャンプ用ランタンを選ぶ際のポイント
  1. 燃料の種類
  2. ランタンの明るさ
  3. 使い勝手や携帯性

それでは1つずつ解説していきます。

①燃料の種類

ランタンは燃料の違いで4つに分類できます。

ランタンの種類
  • LEDランタン
  • ガスランタン
  • オイルランタン
  • ガソリンランタン

それぞれの燃料には特徴があり、使用する場面や状況によって選び方も異なります。

例えば、ガソリンを使用するランタンは、燃料を手軽に調達できるメリットがありますが、取り扱いには火気に注意が必要です。

一方、ガスを使用するランタンは安全性が高く明るさも明るいですが、燃料缶はかさばりますしランニングコストも悪くなります。

このように燃料によってメリット・デメリットがあるので特徴をしっかり見極めて選ぶことが大切です。

②ランタンの明るさ

キャンプランタンはとても明るいものから明るすぎないものまで、様々な明るさのランタンが販売されています。

なぜなら使用するシーンによって、最適な明るさが変わるからです。下記は、使用するシーン別に必要な光量の目安となります。

明るさ(ルーメン)テント内(寝室)キッチンリビングサブランタンメインランタン
100
200~300
300~500
500~1000
1000以上

キャンプサイトなどの広いスペースを照らす場合には、明るいランタンが必要ですが、テント内で使用する場合には、明るすぎない程度のランタンが適しています。

また、明かりの範囲についても考慮する必要があります。広い範囲を照らす必要がある場合には、光が360度に広がるタイプのランタンが便利です。

このように使う場面によって最適な明るさは違うため、どこで使うかイメージしながら選ぶことが大切です。

③使い勝手や携帯性

ランタンを選ぶ上で、使い勝手や携帯性も重要なポイントです。

持ち運びやすい軽量なものやコンパクトに収納できるものがある一方で、大きくて使うのに手間がいるランタンもあります。

一概にどちらが良いとは言えませんが、自分の好みやキャンプスタイルによって選ぶと良いです。

例えば、子どもがいるファミリーキャンプでは手軽に使えて安全なLEDランタンが重宝しますし、ソロなら雰囲気を楽しむオイルランタンも魅力的です。

このように自分のキャンプスタイルによって、使い勝手や携帯性も考慮することが大切です。

ランタンを配置する場所と明るさの目安

ランタン 配置する場所

キャンプサイトにランタンを配置する場所としては、以下の5つが考えられます。

ランタンを配置する5つの場所
  1. テントから少し離れた場所(メインランタン)
  2. メインランタンの死角になる場所(サブランタン)
  3. リビング
  4. キッチン
  5. テント内(寝室)

①:テントから少し離れた場所(メインランタン)

メインランタン

テントから少し離れた場所にメインランタンを配置することで、キャンプサイト全体を照らし安心して過ごすことができます。

また、メインランタンはテント周りの安全確保にも役立ちます。テント周りが暗いとペグなどでつまづくため危険です。

明るさの目安として1000ルーメン以上のランタンを使用すると良いでしょう。

しかも、テントから少し離れた場所に1番明るいランタンを設置すると、虫対策にもなります。

虫は明るい方へと向かっていくので、テントから少し離れた場所にメインランタンを配置することで、虫がリビングやテント内にに寄ってきません。

メインランタンは、虫対策も考慮して大光量タイプのケロシンランタンがオススメです。

②:メインランタンの死角になる場所(サブランタン)

サブランタン

メインランタンの死角になる場所にサブランタンを配置することで、キャンプサイトの隅々まで明るく照らすことができます。

サブランタンは必須ではありませんが、ファミリーキャンプなどで大きなテントを使う場合は、死角も大きくなるため、設置しておくと安全にキャンプを楽しめます。

明るさの目安としては、約300~1000ルーメン程度のランタンを使用すると良いでしょう。

使い勝手が良く安全性の高いLEDランタンがおすすめです。

③:リビング

テーブルランタン

リビングスペースはキャンプサイトの中心的な場所で、家族や友人とくつろいだり、食事を楽しんだりするスペースなのである程度明るい照明が必要です。

テント内にリビングスペースを設けた場合は、ランタンを天井に吊るすとリビング全体を照らせます。

また外にリビングスペースがある場合は、メインランタンの明かりである程度は明るい状況なので、補助的な感じでテーブルにランタンを設置すると良いでしょう。

リビングエリアで使用するランタンは、周囲を十分に照らすことができるよう、明るさの目安として300~1000ルーメン程度のものがおすすめです。

テーブルに設置する場合は、テーブル周りが照らせるほどの明るさで大丈夫でしょう。

天井に吊るせるタイプのLEDランタンが便利でおすすめです。

④:キッチン

キッチンランタン

キッチンエリアではナイフや火を扱うため、ランタンを設置して明るさを確保し、調理の安全性を高めることが大切です。

ランタンを配置する場合はランタンスタンドを設置して、作業スペースの上に吊るすと作業がやり易くなります。

調理作業の邪魔にならないためにも軽量かつコンパクトなランタンがおすすめで、明るさの目安は200~500程度のものが良いでしょう。

コンパクトなランタンを、ランタンスタンドに吊るすのがポイント!

⑤:テント内(寝室)

ランタン テント内

テント内の寝室エリアでは、落ち着いた雰囲気を作るために、暖かく柔らかい光が必要です。

ランタンを配置する場合、テント内の天井から吊せるタイプのランタンがおすすめで、安全性の高いLEDランタンだと使い勝手が良くなります。

寝室エリアで使用するランタンは、明るさの目安として200ルーメン程度のものを選ぶと良いでしょう。

眩しい光は寝苦しい夜を過ごすことになるので、調光ができるLEDランタンがおすすめです。

キャンプランタン種類別おすすめ商品紹介

キャンプランタン 種類

キャンプで使うランタンには様々な種類があり、それぞれのランタンの特徴を知り、用途に応じて選ぶことが大切です。

ここでは、LEDランタン、ガスランタン、オイルランタン、ガソリン式ランタンのおすすめ商品を紹介していきます。

LEDランタンのおすすめ商品

LEDランタン おすすめ

LEDランタンは明るさの調整ができるタイプが多く、長時間使用できることが特徴です。また、充電タイプは燃料の補充が不要で経済的なのも嬉しいポイント。

そんなLEDランタンの中でもおすすめは、「ゴールゼロ(Goal Zero) LIGHTHOUSE micro FLASH」です。

ゴールゼロのおすすめポイント
  • コンパクトで軽量
  • 調光が可能
  • おしゃれ用カスタムアイテムが豊富
  • 充電用USBコネクタ内蔵(ケーブルなし)
  • 最大170時間点灯可能

とにかく便利で使い勝手が良いので、複数所持している人がたくさんいる神アイテムです。

明るくて長時間使用できるLEDランタンが欲しい人には、「ルーメナー(LUMENA) プラス」もおすすめ。

ルーメナー(LUMENA)プラスのおすすめポイント
  • 最大1800ルーメンの圧倒的な明るさ
  • 大容量20,000mAhバッテリー(1800ルーメンの状態で約12時間)
  • 3つの点灯カラー&4段階の明るさ
  • スマホの充電ができる
  • 上に吊るすとサイト全体を照らせる(1台で充分)

少し値は張りますが、申し分のない機能性です。

ガスランタンのおすすめ商品

ガスランタン おすすめ

ガスランタンは明るさが強く、コンパクトで持ち運びがしやすいため、初めてのキャンプにもおすすめです。

また、操作が簡単で使い捨てのカセットガスを使うのでお手軽ですが、ランニングコストは高くなります。

ガスランタンのおすすめは「コールマン(Coleman) ランタン 2500 ノーススター」です。

コールマン(Coleman)ノーススターのおすすめポイント
  • 最大約1500ルーメンで明るい
  • 着火装置付きで、簡単着火
  • 専用のソフトケース付き
  • ガスランタンの中では見た目が良い

明るさはないけど雰囲気ランタンとしておすすめなのが「Colemanルミエールランタン」です。

コールマン(Coleman)ルミエールランタンのおすすめポイント
  • 炎の揺らめきに癒される
  • 着火、消化の操作が簡単
  • 専用のプラスチックケース付き
  • 見た目がオシャレ

オイルランタンのおすすめ商品

オイルランタン

オイルランタンは独特の雰囲気がある炎と、照明効果が美しいランタンになります。

明るさはそれほど明るくないですが、雰囲気を出したいときに持ってこいのランタンです。

オイルランタンのおすすめは「デイツ DIETZ 78 ハリケーンランタン」と「FEUERHAND(フュアーハンド) ランタン 276」です。

デイツとフュアーハンドのおすすめポイント
  • キャンパーから大人気
  • 2つに大差はない
  • 風に強い
  • 炎が暴れない
blankおぴ

どちらかを選んでおけば間違いないですよ。

ガソリン式ランタンのおすすめ商品

ガソリン式ランタン

ガソリン式ランタンは燃料としてガソリンや灯油を使用していて、圧倒的な明るさが特徴になります。

メンテナンスや取り扱いは少し面倒ですが、メインランタンには1番おすすめです。

ガソリン式ランタンでおすすめは「ヴェイパラックス(Vapalux)M320アーミーグリーン」です。

ヴェイパラックス(Vapalux)M320アーミーグリーンのおすすめポイント
  • 見た目がオシャレ
  • メインランタンとして十分な明るさ
  • ガソリン式の中ではメンテナンスが簡単
  • 燃費が良い
  • 音がうるさくない

ガソリン式ランタンの中でもとにかく明るさを重視したい人には「ペトロマックス HK500」がおすすめ。

ペトロマックス(PETROMAX)HK500のおすすめポイント
  • 最高クラスの明るさ
  • 見た目がかっこいい
  • 世界的に名の知れたランタン
  • メンテナンスのやりがいがある

まとめ:ランタンの必要個数を理解してキャンプの夜を快適に!

キャンプ ランタン 快適

今回はキャンプランタンの必要個数・配置場所・明るさの目安について紹介しました。

キャンプに必要なランタンの個数

キャンプの人数必要なランタンの個数
1人2個
2人~3人3個
4人~6人4個

シーン別の光量の目安

明るさ(ルーメン)テント内(寝室)キッチンリビングサブランタンメインランタン
100
200~300
300~500
500~1000
1000以上

ランタンの配置場所によって明るさや届く範囲も異なるため、配置場所を考慮したランタン選びが大切です。

リビングやキッチンなどの明るさが必要な場所には明るいタイプのランタンを、寝室など静かな場所には暗めのタイプのランタンを選ぶとよいでしょう。

今回は以上です。それではまたっ!

blank

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問はこちらへ

コメントする

Contents