\ 最大10%ポイントアップ! /

【新型】SOTOのスライドガストーチST-487はどこが変わった?

こんにちは!
見た目と実用性の高いキャンプギアが好きな”おぴお”です。

キャンプの便利アイテムでキャンパーの所持率が高いSOTOのスライドガストーチ。

スライドガストーチは火口がスライドするので使い勝手が抜群に良く、耐風バーナーで風にも強いため、アウトドアシーンでとても重宝するアイテムです。

そのスライドガストーチST-480が2022年11月に製造終了となり、2023年春から新型として生まれ変わります。

そこで本記事では、新旧で変更されたポイントを比較しながら解説していきます。

結論、新型のスライドガストーチは使い勝手の良さはそのままで、故障しにくくなりました。

まだスライドガストーチを持ってない人や買い替えを検討している人は是非チェックしてみてください。

Contents

【新型】soto スライドガストーチST-487CSSのスペックと概要

まずはsoto新型スライドガストーチの基本スペックと製品概要を紹介します。

製品スペック

スライドガストーチ ST-487CSS

商品名スライドガストーチ
品番ST-487CSS
商品サイズ幅40×奥行17×高さ117~185mm
重量56g
炎形状極細集中炎
火炎温度1300℃
使用燃料ライター用ガス/カセットガス(充填式)

製品スペックは旧型のST-480とほぼ同じなので、使い勝手に変わりはありません。

耐風バーナーで風にも強いですし、カセットガスやライター用ガスで燃料を補充できる便利機能もそのままです。

おぴ

旧型がとても使い勝手の良い商品だったので、スペックの変更がないのは逆にグッドポイント。

製品概要

火口が伸びる小型の耐風バーナーです。

火口が伸びるのが最大の特徴で、様々なモノに安全に着火できます。

例えばガスコンロだったり、花火、線香、ロウソク、マントルの空焼きと様々なシーンで大活躍するので、アウトドアシーンをバックアップしてくれます。

それでいてコンパクトでポケットに入れて持ち歩けるのでとても便利です。

またチャッカマンなどの使い捨てとは違い、カセットガスで燃料を補充できるも嬉しいポイント。

おぴ

1つ持っておくと何かと便利に使える神アイテムです。

前作のsoto スライドガストーチST-480とどこが変わった?

前作ST-480とスペックはほぼ同じですが、構造が大幅に変更されています。

単純な外観のデザイン変更ではなく、より使いやすく故障しにくい商品になっているので細部まで見ていきましょう。

外観のデザイン

外観はより洗練されてスタイリッシュなデザインへ変更されました。

前作と比較すると、大きな違いはないものの新型のほうがスマートでかっこいい印象です。

おぴ

新型のスライドガストーチのデザインかっこよくてグッド!

火口のキャップが一体型に

新型のスライドガストーチST-487は、火口のキャップが取り外し式から一体型へと変更されました。

これが神仕様で、今回のモデルチェンジで1番気に入っている点です。

ワンタッチで火口の開閉ができるのはめちゃくちゃ楽で、なんの煩わしさも感じません。

一方で前作は取り外し式の火口キャップでした。キャップを外すとぶらぶらするし、チェーンは邪魔だしといった感じで、キャップ自体を取ってしまう人もいるくらいでした。

キャップをはめるときも位置が合っていないとはまらないので、面倒臭くて確かに外したくなります。

しかしキャップを取ると火口にほこりが入ってしまい、火がつかない不具合が多く報告される事態に。

そのあたりの欠点をしっかりと改善してあるので、より完成度の高い素晴らしい商品になっています。

おぴ

一体型の火口キャップは神レベルの使いやすさです。

点火ボタンが押しやすくなった

SOTO スライドガストーチ ST-487 点火ボタン
新型スライドガストーチ ST-487

新型のスライドガストーチは点火ボタンが押しやすいようにバージョンアップされています。

SOTO スライドガストーチ 点火ボタン比較

点火ボタンに角度がつき、押しやすい形状に。

今まで無意識に使っていたので押しにくいと思ったことはありませんでしたが、比べてみると押しやすさが全然違います。

おぴ

指へのフィット感が最高です。

吸気口の位置変更

今までは火口のすぐ下の隙間から吸気していましたが、新型は火口の下が密閉されて吸気口が本体底面へと移動しました。

SOTO スライドガストーチ ST-487 吸気口
底面に吸気口

本体底面に移動した理由は、火がつかなくなる不具合を解消するためです。

火口のすぐ下に吸気口があるとその隙間からほこりが入り、着火しにくい不具合が起こっていました。

火口にほこりが入ると火がつきにくくなります。

その不具合を解消するために、火口の下を密閉して火口にほこりが入らないようにしています。

おぴ

火がつきにくくなる不具合が多く報告されていたので、嬉しい改善ポイントです。

底面の形状変更

底面の形状が変更されて、火力調節がしやすくなりました。

旧型のスライドガストーチは爪が短いと火力調節がやりにくかったのですが、新型は爪が短くても火力調節がしやすいです。

新型ではストラップやロープが通しやすくなりました。

おぴ

細かいポイントですが、使いやすさが向上してますね。

ガスタンクに活性炭が内蔵

新型のスライドガストーチは、ガスタンクに活性炭が内蔵されました。

活性炭が内蔵されたことによって不純物を取り除くことができるため、不具合が起きにくくなっています。

今回の比較からも分かるように、点火不良にならないための工夫が多く施されています。なので長く愛用できる素晴らしい商品に改良されたのではないでしょうか。

おぴ

僕の推しポイントは火口キャップが一体型になったことです。

soto スライドガストーチST-487の使い方

スライドガストーチの使い方はいたって簡単の3ステップ。

スライドガストーチの使い方
  1. セーフティロックを解除
  2. 火口のキャップを開ける
  3. 着火ボタンを押す

①セーフティロックを解除

まずはセーフティロックを解除して、着火ボタンを押せるようにします。

②火口のキャップを開ける

次に火口のキャンプを開けます。

③着火ボタンを押すと点火する

SOTO スライドガストーチ ST-487 点火

着火ボタンを押すと点火します。

注意点として、30秒以上連続して使用しないでください。火口付近が高温になりやけど、本体の変形、破損などのおそれがあります。

【新型】soto スライドガストーチST-487の充填方法

sotoスライドガストーチの充填方法は簡単3ステップ。

STEP
セーフティロックをする

まずはセーフティロックをします。

STEP
スライドガストーチ本体を下向きにする
SOTO スライドガストーチ ST-487 充填①

次に本体を下向きにして持ちます。

STEP
ガスを充填する
SOTO スライドガストーチ ST-487 充填②

最後にガスを補充して完了です。

充填する際に使用できる燃料は以下の通り。

使用できる燃料
  1. CB缶(カセットガス)
  2. OD缶(アウトドア缶)
  3. ライター用ガス

ただしガスが漏れて充填できない場合があります。

下記の記事で充填できない理由や対処法を分かりやすく解説しています。知っておいて損はないですよ。

スライドガストーチがつかない時の対処法

スライドガストーチが点火不良を起こしたとき、火口のほこりを取り除くと点火不良が直る場合があります。

なので点火不良を起こしたら、いちどエアースプレーで火口のほこりを除去してみてください。

それでも直らない場合は、販売元または製造元に修理を依頼しましょう。

soto スライドガストーチの保証期間は?

SOTO スライドガストーチ ST-487 保証書

もしもスライドガストーチが故障してしまったら、販売元または製造元へ修理を依頼しましょう。

そのときに必ず保証書が必要なので、無くさないように保管してください。

また保証期間はお買い上げ日より2年間となっています。

今回のモデルチェンジで故障しにくくなっていると思いますが、捨てずにとっておきましょう。

soto スライドガストーチとマイクロトーチどっちがおすすめ?

出典:SOTO公式サイト

SOTOにはスライドガストーチと似たような商品として「マイクロトーチ アクティブ」が販売されています。

使う用途が同じなのでどちらを買うか迷う人もいると思いますが、おすすめはスライドガストーチです。

火口がスライドするのは思っているより使い勝手が良いです。

例えばランタンに灯りをともすときや花火に火をつけるときは、火口が伸びるほうがやりやすいですし安全に着火できます。

なのでスライドガストーチかマイクロトーチアクティブでどっちを買うか迷うなら、スライドガストーチがおすすめです。

まとめ:ベストセラー商品がより洗練されて優秀に!

スライドガストーチ 旧型新型 比較

今回は全面リニューアルする新型スライドガストーチの変更点を紹介しました。

使い勝手が良く故障しにくい仕様へとパワーアップされていて、とても良いモデルチェンジだと思います。

特に火口のキャップが一体型になったのは、使いやすくて神仕様です。

旧型を所持している人でも乗り換えを検討していいレベルで完成度が高いですよ。

さらに便利になったスライドガストーチでキャンプをもっと快適に!

今回は以上です。それではまたっ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問はこちらへ

コメントする

Contents